記憶力アップ・人材育成・講師力養成講座を開講\オンラインで全国どこでも受講OK/
コミュニケーション能力養成研修COMMUNICATION

コミュニケーションがもたらす影響

かつて、名だたる偉人たちはコミュニケーションについて、このように言っています。

『コミュニケーションが人生の質を左右する』

コミュニケーションスキルは、仕事の成果を高め、職場の良好な人間関係を築く上で、欠くことのできない重要かつ根本的なスキルです。

より良い関係の中にビジネスチャンスが生まれたり、融通の利く交渉が出来たり、ビジネススキルと同様にコミュニケーションスキルは仕事の成果に大きな影響を及ぼすものです。
また、対人関係の悪化は離職の大きな要因のひとつであり、社員の職場定着を図る上でも重要であることから、コミュニケーションスキルは会社全体のコストにも反映されているのです。

コミュニケーションスキルが無ければ、完璧なプレゼンにもかかわらず仕事の成約に至らないとか…、何気ないひと言で人間関係がギクシャクしてしまったり…、自分の意見が通らず浮いてしまったり…、とビジネススキル以前につまずいてしまいます。

逆にコミュニケーションスキルが高ければ、伝えたい情報が気持ちよく相手に届き仕事の成果に繋がるとか…、良好な関係性の中で日々のストレスが軽減される可能性が大きくなります。
無頓着なコミュニケーション
良質なコミュニケーション
無頓着なコミュニケーション

無頓着なコミュニケーション

●完璧なプレゼンにも関わらず、
 仕事の成約に至らない

●何気ないひと言で
 人間関係がギクシャクする

●自分の意見が通らず浮いてしまう
良質なコミュニケーション

良質なコミュニケーション

●伝えたい情報が
 気持ちよく相手に届く

●仕事の成果に繋がる

●日々のストレスが軽減される
どんなシーンでも対人関係を無視しては成り立ちません。
言葉は単なる情報伝達ツールではなく、豊かな関係性からさまざまな恩恵を生み出す重要なスキルなのです。 

良好な関係には良質なコミュニケーションがあり、気まずい関係には必ずコミュニケーションのミスが含まれています。
多くの人は自分がコミュニケーションミスを犯していること自体に気づいていないゆえに、対人関係に悩むことが多いわけです。

ヒューマンスキルの必要階層

ハーバード大学のロバート・カッツ教授によるスキル理論では、ヒューマンスキルは経営者層から管理者層・一般社員層に至るまでの全てのメンバーに必要なスキルであるとされています。

特定の業務をこなすテクニカルスキルや、トップマネージメントを行う上で必要なコンセプチュアルスキルとは異なり、ヒューマンスキルは個人や組織を正しく機能させるために積極的に開発すべき能力なのです。


コミュニケーションは、情報伝達だけでなくお互いの気持ちや状況を伝え合い、分かり合うことが目的であるため立場に関係なく求められる能力です。

コミュニケーションによって、より良い状況と関係性が積み重なっていくことが当たり前のはずです。
それにもかかわらず、こじれた関係性を生んでしまう会話の中には、実は脳が好まない言い方が多分に含まれているのです。
● 脳が好むコミュニケーションとは?
● 部下が育つコミュニケーションとは?
● 人から好感を得るコミュニケーションとは?



こうしたコミュニケーション技術は、いくら理論を理解しても脳のクセが変化しない限りは、従来からの口癖になっているコミュニケーションスタイルに変化を起こすことはできません。


本研修プログラムは、実践的な学びとトレーニングによる《共感》と《感情体験》によって明らかな変化を感じることでしょう。

コミュニケーションにおける脳の使い方

コミュニケーションと一口に言っても、セールス、プレゼンテーション、交渉、関係性構築など、そのシーンによって目的や具体的話法としての技術はさまざまです。

ただ、どんなシーンにも共通する脳の使い方を体感的に理解してこそ全ての技術が活かされるのです。
聴くテクニックも伝えるテクニックも、まずはテクニック理論を学習して《知る》レベルでなければなりません。
しかし、この段階では、まだ《使える》レベルには至っていないのでそこからが肝心です。


脳内でイメージ的・体感的な味わいに転換していく作業です。これでやっと本当の理解となり、日常のコミュニケーションに活かした成果が出せるようになるのです。

● 相手の能力を引き出す聴き方
● 伝えたいことが伝わる伝え方


これらは《3つの脳の使い方》を意識するだけで、聴き方・伝え方それぞれが劇的に変わるのです。
この脳の使い方と、論理的学習・ワークショップを複合させた研修で、コミュニケーション能力の向上を図っていきます。

仕事の成果を高め、職場の良好な人間関係を築くコミュニケーション能力養成研修

コミュニケーションにおけるミスの正体を明らかにし、人間の心理的反応を踏まえた良質なコミュニケーションスキルを身につけます。

そのことによりビジネスを発展させ、組織風土を高めるヒューマンスキルを備えた人材を養成することが本研修の目的です。

コミュニケーション能力養成研修のPOINT

聴き方・伝え方それぞれの脳の使い方
論理的学習
ワークショップ

コミュニケーション能力養成​研修

コミュニケーション能力養成研修 内容

■ 聴き方
 ・組織牽引力は権力から魅力へ
 ・才能を潰す三要素
 ・環境動物である人間の特性
 ・聴き方における脳の三大態勢
 ・コミュニケーションを知るワークショップ
 ・やってはいけない聴き方
 ・悩みは成長の機会
 ・聴き方が人の思考を広げる
 ・アクティブな聴き方テクニック
 ・トレーニング
 ・ノンバーバルな聴き方テクニック

■ 伝え方
 ・聴いてるだけでは人は育たない
 ・伝え方次第で人の動きが変わる
 ・人が育たない他者評価メッセージ
 ・怒りを制御する
 ・マニュピレートするテクニック
 ・伝えるテクニックで拓く可能性
 ・出来事によって感情が左右される依存思考型
 ・受け取り方こそが感情を決定する主体思考型
 ・捉え方を変える論理的コミュニケーション
 ・パラダイムを変える陽転思考

コミュニケーション能力養成研修 期待される効果

  • 情報の伝達精度が格段に高まり、業務効率が上がる
  • 職場の人間関係が円滑になり、対人関係に悩む離職が無くなる
  • 言葉力がつくことで圧倒的に好感度が増し、業績アップにつながる
  • お互いのコミュニケーション能力による職場の養育力が高まる
  • コミュニケーションスキルの上昇に伴う人間力を獲得していく
  • 組織そのものが魅力ある人材集団になる
まずはお問い合わせください
ご要望をお伺いの上、必要な資料等をご準備いたします。

リーダーシップ養成​研修 受講者の声REVIEW

2021.04.29

[REVIEW]スピーチテクニック講座を受講して

私は2013年から講師のお仕事をさせていただいて8年になります。
最初は知り合いに声をかけて自主開催でお話を聴いてもらっていました。
そのうちご縁をいただいて現在は専門学校で非常勤講師としても定期的にお伝えしています。
しかし何度お伝えしても自分の中で納得がいかず、どうしたらもっと伝わる話ができるのだろう?と日々模索していました。
そんな時に澤村先生のレッスンを知りました。世間では発声や立ち振る舞いのレッスンはあるけれど、講師のトークテクニックに関するレッスンは珍しいと感じ、自分の悩みが解決するかもしれないと受講しました。

今まで行ってきた講座の中身については専門的に教わりましたが「伝え方」という点では、師匠方の背中を見て自分なりの理解で進めていました。
それが今回のレッスンを受講して、なぜ自分の中で納得がいかなかったのか?
伝わるように伝えられていなかったのか?がよくわかりました。
「伝えたいという想いや意志があれば伝わる。」と思っていましたが、これは一般的なスピーチなどには通用しますがプロとしてお伝えしていくには傲りがあったと痛感しました。

想いや意志は当然大事ですが、まずは伝え方の基本を知ること、基本テクニックがあってこそ、その上に伝えたいという想いや意志がのっていく。そこでようやく心からの言葉が出てくるのだと感じました。結果、それが伝わる話になるのだと思います。

澤村先生はどんな質問も的確な例え話を交えて非常に理解しやすく応えてくださったので頭で理解するというより自分自身に染み渡らせて体で理解していくことができました。
その結果、レッスン終了後に伝え方が今までとはガラリと変わったということが成果として現れました!
それは、イベントで講座をさせていただいたら何人もの受講者の方が並んで質問に来てくださったり、イベント終了直後にお仕事のお話をいただいたり、また専門学校では学生による人気講師ランキングの上位に選んでいただくことが出来たのです。
これは本当に自分の自信になりました。その自信がまた言葉に宿り伝える力となっています。結果が出たことで講師の仕事が益々好きになりました。

講師業など人前で話をする立場にある方には、その実力と自信をつけていく実践プログラムである澤村先生の講座を是非オススメします。

私もこれを機に、多くの人の心に届く講座ができるようこれからも磨き続けたいと思います。

多田綾子

人材育成 研修コンテンツ